東海エリアで小さなお店・自宅サロンを開業するなら木造コンテナハウス専門店のFujimondまで タイニーハウス製作/静岡県・愛知県・山梨県

こんなお悩みを抱えてる方はお問い合わせください

自宅でサロンを開業したい小さなお店が欲しい
固定資産税が不要な小屋が欲しい建築確認申請が不要な小屋が欲しい
気密性・断熱性・耐震性・耐久性にこだわりたい自由な間取りの小屋が欲しい
不要になった時に売却したいどうせなら無料で集客の手伝いをしてほしい

木造コンテナハウスTomteの製作風景

工場見学や商談はお気軽にお問い合わせください。

今回制作するTomteはこちらです。焼津市で筋膜整体サロンを開業されるお客様のTomteになります。

内装 国産杉天井 杉板30mm
床 杉板30mm強制換気 自然吸気
コンセント3か所配電盤 30A
エアコンコンセント 100V 1ヶ所外壁 杉板鎧貼
屋根 ガルバニウム鋼鈑玄関ドア 桧造作鍵付き
すべりだし窓 780mmH370mm 2ヶ所上げ下げ窓 780mm×970mm 1ヶ所
断熱材 高性能フェノールフォーム 床・壁・屋根ライティングリール照明 1ヶ所
スポット照明 2か所ポーチライト 1ヶ所

カラー

外壁 シルバーグレー破風鼻隠/コーナー材 ホワイト
サッシ ブラック造作ドア タンネグリーン + スプルース
屋根色 ブラック玄関タイル グレー

オプション追加工事

玄関タイル工事追加窓 3ヶ所 変更
断熱材 高性能フェノールフォーム 変更コンセント 1ヶ所 追加
先付け庇850mm基礎工事追加

手順1 工場に部材搬入

外壁材、床材、天井材、玄関ドア、サッシ等、タイニーハウスTomteの躯体などに使用される部材が次々と工場に搬入される。玄関ドアは国産ヒノキを使用している。特徴としては変形しずらく香りが良い。

手順2 部材加工

加工は建築家自らが行う。これもコスト削減の一環である。加工した箇所には特許を取得した日本随一の金物が使用される。これを使用することで木造コンテナハウスTomteは木造ながら重量鉄骨造並みの屈強な躯体になるのである。

手順3 土台製作 床、壁断熱 

土台に高性能断熱材を敷き詰めました。床からの熱を遮断することができます。パネルには国産杉パネルを使用し、溝加工した柱にはめ込んでいきます。これが出雲大社と同じ工法のモノコックテラ構造です。Fujimondの木造タイニーハウスは昔の工法を現代技術でアレンジした究極の耐震構造になっております。※現在は仕様が変更しました。木造軸組み工法です。

手順4 天井、壁断熱 屋根工事 電気工事

壁、床、天井には高級断熱材フェノールフォームが収納されている。また防水シートは透湿遮熱シートを採用これにより外からの水の侵入を防ぎ、室内の湿気を外に逃がす。静岡のような湿気の多い地域では建物の湿気対策が必須と言える。住宅と同じ30APの分電盤が取り付けられ、屋根材はガルバニウム鋼鈑のシルキーG2を採用。軽量と湿気対策に重点をおいた屋根材を選んだ。

手順5 サッシの取り付け、外壁塗装

滑り出し窓と上げ下げ窓を取り付けました。サッシ周りは万が一の雨の侵入を防ぐため、入念にテーピングを行います。小屋にサッシを取り付ける事によって、より家に近づいてました。外壁材の防腐塗装を行いました。外壁を取り付ける前に塗装することで仕上がりが綺麗になります。

手順6 外壁の鎧張りとポーチライト取り付け

塗装した杉板が張り付けられ、鎧張りが完成しました。木造コンテナハウスいや、高性能木造住宅の全貌が見えてきました。

手順7 玄関、ライティングレール施工

玄関の靴脱ぎ場は石膏タイルです。下地材は12mmが標準ですが、そのままでは石膏タイルの施工が出来ないため、厚い下地に変更します。鎧張りの四隅にフレームが取り付けられました。床は30mmの杉板です。杉の白太、赤身、節をバランスよく並べます。ライティングレールの取り付けも完了しました。

手順8 造作玄関ドアの塗装

玄関ドアは施主様のこだわりが詰まっています。デザイン、大きさ、色、ポーチライトとのバランス。施主様の希望をできるだけ叶えるように努めました。塗装は色を調色し、施主様の指示のもと、何度も色出しをしました。結局桧の下地を白インキで隠蔽しグリーンを生かす方向にしました。施主様の色の感覚に素人とは思えないセンスを感じました。

手順9 完成

まるで絵本から飛び出したようなかわいくもしっかりとした構造体の小屋。Tomteが完成しました。

手順10 

タイニーハウスTomteの重量は2200kgです。設置場所が広く、横付け可能であれば4tユニック車のみで運べます。それ以外であれば13tレッカーで吊るします。

コンテナハウス

コンテナハウスは、通常、海上輸送用に設計された貨物コンテナを再利用して建設される住宅や建物のことを指します。これらのコンテナは一般的に鉄製であり、通常は20フィートまたは40フィートの長さがあります。コンテナハウスは、短期間で建設され、比較的低コストで提供されるため、住宅や商業施設、オフィス、一時的な宿泊施設など、さまざまな用途に使用されます。

コンテナハウスの利点はいくつかあります。まず、再利用されるコンテナは比較的頑丈であり、環境に優しい建材と見なされます。また、建設プロセスが比較的簡単で迅速なため、急な需要に対応できるという利点もあります。さらに、必要に応じて容易に移動や輸送ができるため、移動型の住宅や施設としても人気があります。

一方で、コンテナハウスにはいくつかの課題もあります。例えば、コンテナハウスは通常、狭い空間であるため、デザインやレイアウトに制約が生じる場合があります。また、適切な絶縁や通気性を確保する必要があるため、気候や環境条件によっては追加の処置が必要になることもあります。

総じて、コンテナハウスは柔軟性が高く、迅速に建設できるため、多くの場面で利用されていますが、その利用には独自の課題や制約も存在します。

ミニハウスで充実した生活

ミニハウスで充実した生活を送ることは可能です。スモールハウスは小さなスペースでも快適な生活を送ることができるように設計されており、シンプルで持ちものを最小限に抑えることで、自由なライフスタイルや経済的な自立を追求する人々に人気があります。

以下は、ミニハウスで充実した生活を送るためのいくつかのアイデアです:

  1. 効率的なレイアウトの構築: ミニハウスのスペースは限られていますが、効率的なレイアウトを考えることで、スペースの有効活用が可能です。多目的の家具や収納スペースを利用することで、スペースを最大限に活用し、生活の質を向上させることができます。
  2. シンプルなライフスタイルの採用: ミニハウスでの生活は、シンプルで持ちものを最小限にすることを要求します。不要なものを取り除き、必要最低限のものだけを持ち、ミニマリストなライフスタイルを採用することで、ストレスを減らし、精神的な充足感を得ることができます。
  3. 自然との接触: スモールハウスの多くは自然環境に近い場所に建てられていることがあります。自然に囲まれた環境で生活することで、ストレスを減らし、心身の健康を促進することができます。庭や屋外スペースを活用し、自然との接触を楽しむことが重要です。
  4. 持続可能な生活: ミニハウスの生活は、持続可能性を重視することができます。エネルギー効率の高い家電製品や再生可能エネルギーの利用、リサイクルやコンポストなどの廃棄物管理方法の採用など、持続可能な生活を実践することが重要です。

ミニハウスでの生活は、シンプルで自由なライフスタイルを求める人々にとって魅力的な選択肢です。効率的なスペースの利用や持続可能な生活の実践など、様々な工夫をすることで、充実した生活を送ることができます。

小屋と家の作りの違い

※弊社のタイニーハウスTomteは他社の小屋と違い造りは一般木造住宅と変わりません。

小屋と家の作りにはいくつかの違いがあります。

  1. サイズと機能性:
    • 小屋は一般的に小さく、基本的な機能を備えた建物です。通常、避難所や物置、趣味のスペースなどの用途に使用されます。
    • 家はより大きく、複数の部屋を持ち、生活に必要なあらゆる施設を提供することができます。家は、一般的に居住用の住宅として使用されます。
  2. 構造と耐久性:
    • 小屋の構造は一般的に簡単で、基本的な木材や金属製のフレームで構成されることがあります。小屋は、一時的な建物や軽い保護施設として設計されることが一般的です。
    • 家の構造はより複雑で、一般的に耐久性の高い建築材料で作られます。家は通常、長期的な居住をサポートするように設計されており、地域の建築コードや安全基準に準拠しています。
  3. 設備と快適さ:
    • 小屋には一般的に、基本的な設備しか備えられていません。暖房や冷房、水道設備などの快適性を提供するための設備は限られていることが多いです。
    • 家には、快適性を高めるための設備が充実しています。暖房や冷房、給水設備、キッチン、バスルームなどの施設が一般的に含まれています。
  4. 用途と利用目的:
    • 小屋は、一時的な滞在や物品の保管、趣味の活動など、さまざまな用途に使用されます。
    • 家は、居住用の建物として設計され、家族や個人の生活のための場所として利用されます。

これらの違いにより、小屋と家は異なる目的や用途に使用されます。小屋は通常、一時的な滞在や物品の保管などの用途に使用される一方で、家は長期的な居住や生活を支援するために設計されています。

施工エリア

静岡県西部と愛知県西部が強化エリアですが基本的に全国配送可能です。


静岡県
熱海市、 伊豆市、 伊豆の国市、 伊東市、 磐田市、 御前崎市、 小山町、掛川市、 河津町、 川根本町、 函南町、 菊川市、 湖西市、 御殿場市、静岡市、 島田市、 清水町、 下田市、 裾野市
長泉町、 西伊豆町、 沼津市、浜松市、 東伊豆町、 袋井市、 富士市、 藤枝市、 富士宮市、牧之原市、 松崎町、 三島市、 南伊、 森町、焼津市、 吉田町
愛知県
愛西市、 阿久比町、 あま市、 安城市、 一宮市、 稲沢市、 犬山市、 岩倉市、 大口町、大治町、 大府市、 岡崎市、 尾張旭市
春日井市、 蟹江町、 蒲郡市、 刈谷市、 名古屋市、 清須市、 幸田町、、 小牧市、設楽町、 新城市、 瀬戸市
高浜市、 武豊町、 田原市、 知多市、 知立市、 津島市、 東栄町、 東海市、 東郷町、常滑市、 飛島村、 豊明市、 豊川市、 豊田市、 豊根村、 豊橋市、 豊山町、長久手市、 名古屋市、 西尾市、 日進市、半田市、 東浦町、 扶桑町、 碧南市、南知多町、 美浜町、 みよし市、弥富市
山梨県甲府市  富士吉田市 都留市 山梨市 大月市 韮崎市 南アルプス市 北杜市 甲斐市 笛吹市 上野原市 甲州市 中央市 
【西八代郡】
市川三郷町
【南巨摩郡】
早川町 身延町 南部町 富士川町
【中巨摩郡】
昭和町
【南都留郡】
道志村 西桂町 忍野村 山中湖村 鳴沢村 富士河口湖
【北都留郡】
小菅村 丹波山村

Follow me!

follow us in feedly

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA