トラックで全国配送可能な高性能3坪タイニーハウスの展示場 木造コンテナハウス、トレーラーハウス販売店/四国 岡山県 岡山市 強化中

Fujimondの3坪タイニーハウスTomte 静岡県袋井展示場

2024年6月静岡県袋井市に高性能木造コンテナハウスが展示される。是非お越しください。

Fujimond株式会社 渡邉 

電話 : 090-9907-7672 

mail : hitomichi550617@gmail.com

全国配送可能!

コンセプト

FujimondのタイニーハウスTomteはハリーポッターの映画に出てくるレイコック村の建物をイメージしています。

価格 標準タイプ 本体費税抜き275万円

価格は標準タイプで本体費で税抜き275万円ですが、3坪タイニーハウス袋井展示場モデルハウスは多少オプションで豪華にしております。

変更場所

梁 フローリング塗装工事 ウォールナット色5万円UP
玄関ドアレガーロ→プロント5万円UP
靴脱ぎ場約400㎜×800mm3万円UP
内装 腰壁5万円UP
室内2口コンセント1ヶ所追加1万5千円UP

仕様

サッシフレミングJ 引違 テラス 複層ガラス 16518 W1690×1830
玄関ドアYKKAP  DDBJ1982A プロント U07 BJ 片開き(取っ手左)アイスブルーノーチェ
ライティングレールODELIC ライティングレールLD 0213 BT
ライティングレール照明3個
ポーチライト ODELIC    OG041690LC1     
内装クロス 塗り壁調 
内装腰壁
内装桧節ありフローリング 厚さ(15㎜)
断熱材 床 天井スタイロエース R1.8
断熱材 壁アクリアマット R1.8
防水シート透湿
外壁Kmew エクセレージ・親水14 ラフレンガ 
外部面材吉野石膏EXハイパー
屋根材縦平333 0.35
屋根材針葉樹合板
屋根材9.5プラスターボード
ルーフィング遮熱 透湿
スイッチトグルスイッチ アルミ製
換気フードパナソニック FY-MCA062
靴脱ぎ場フロアマット テラコッタ調 W900mm×D450mm程
靴脱ぎ場 見切り

木造軸組み工法 3坪ミニハウスTomte 制作の様子

断熱材 耐力壁

サッシ 掃き出し引違い

フローリング 桧

外壁 窯業系サイディング

壁 断熱材

柱 桧

棟上げ

根太組

胴縁 壁通気層作成

耐震強化 火打ち

床断熱 スタイロエース

透湿防水シート

耐力面材

外壁 窯業系サイディング

耐震金物

天井断熱 スタイロエース

国産桧の強靭な躯体

ボルトで固定 脚金物

屋根防水シート 改質アスファルトルーフィング

桧 無垢フローリング

壁断熱 旭ファイバーグラス

ドア枠作成

ドア枠塗装

クレーン吊り上げ設置作業

靴脱ぎ場

ポーチライト

室内

3坪ハウスを組み合わせて居住用に変身

山梨県北杜市I様邸 A棟にはキッチン、ユニットバスの水回り、B棟には寝室。2つを廊下で繋ぎます。

建築確認申請不要のミニハウス

建築確認申請が不要なミニハウスには、特定の条件やタイプがあります。これにはトレーラーハウスや一部のプレハブ住宅が含まれます。以下に、具体的な条件や理由を詳しく説明します。

建築確認申請が不要な条件

  1. トレーラーハウス
    • 車両扱い:トレーラーハウスは、車両として認識されるため、建築基準法の適用外となります。ただし、タイヤが常に接地し、移動可能であることが条件です​ 。
    • 固定されない:地面に固定されず、いつでも移動可能である状態を保つ必要があります。
  2. プレハブ・ユニットハウス
    • 一定の面積以下:建築基準法では、10平方メートル以下の建物は確認申請が不要です。ただし、都道府県や市町村の条例によって異なる場合があるため、事前に確認が必要です​。
    • 簡易構造:一部のプレハブ住宅や仮設建築物も、条件によっては建築確認申請が不要です。

利用例

  1. 庭の離れ
    • 家庭の庭に設置するミニオフィスや作業スペースとして、建築確認申請不要のトレーラーハウスや小型プレハブが利用されています。
  2. 仮設住宅
    • 災害時の仮設住宅やイベント時の臨時宿泊施設として、建築確認申請が不要なユニットハウスが利用されます​。

注意点

  1. 地域の規制:
    • 地域によっては、建築確認申請が不要であっても、設置場所や用途に関する規制が存在する場合があります。設置前に地域の条例を確認することが重要です​。
  2. 長期利用のリスク:
    • 長期にわたって固定して使用する場合、特定の地域や条件では建築物と見なされるリスクがあります。これにより、後から建築確認申請が必要になる可能性があります。

まとめ

建築確認申請が不要なミニハウスは、主にトレーラーハウスや小型のプレハブ住宅が該当します。これらは一定の条件を満たす必要があり、特に移動可能な状態を保つことが重要です。また、地域の条例や規制を事前に確認することで、後々のトラブルを避けることができます。

四国 香川県・愛媛県・徳島県・高知県のコンテナハウス

四国のミニハウス事情は、各県ごとに異なる特徴がありますが、全体としてミニハウスやタイニーハウスの需要は増加傾向にあります。以下に四国の各県におけるミニハウス事情についてまとめます。

香川県

香川県では、比較的低コストで家を建てることができる会社が存在し、例えば「さくら夢ハウス」では768万円から新築住宅を提供しています​。また、タイニーハウスやプレハブ住宅の利用も広がっており、特に高松市や丸亀市などでは展示会や相談会が頻繁に開催されています。

愛媛県

愛媛県では、ログハウスや北欧スタイルの住宅が人気です。Forest Crewのような企業が、伝統的な技術と最新テクノロジーを融合させた木の家やサウナを提供しています。これにより、自然との調和を重視したミニハウスの需要が高まっています​​。

徳島県

徳島県でも、ユニットハウスやコンテナハウスが注目されています。これらの住宅は工場で製作され、設置が容易であるため、災害時の仮設住宅や別荘としても利用されています。また、農地や市街化調整区域にも設置可能なトレーラーハウスの需要も高まっています​ 。

高知県

高知県においても、ミニハウスやタイニーハウスの普及が進んでいます。特に、トレーラーハウスは建築物と見なされないため、柔軟な設置が可能で、自然豊かな場所に住むことを希望する人々に人気があります。また、DIYキットを利用して自分でミニハウスを作る動きも見られます​。

全体的な傾向

四国全体で共通しているのは、ミニハウスが手軽でコストを抑えられる住宅オプションとして注目されていることです。タイニーハウスやトレーラーハウスは、柔軟な設置場所とコストパフォーマンスの高さから人気があります。さらに、地域の特性を生かしたログハウスや木造住宅の需要も高まっています。

以上のように、四国の各県でミニハウスの利用が増加しており、生活スタイルやコストに応じたさまざまな選択肢が提供されています。

岡山県のタイニーハウス事情 岡山市

岡山県でのミニハウス(タイニーハウス)事情については、以下の点が挙げられます。

タイニーハウスの普及

岡山県では、タイニーハウスの人気が徐々に高まっており、特にコストを抑えられる点が注目されています。タイニーハウスは、10~15平方メートルの小さな住宅であり、購入費用や維持費が比較的低いことが魅力です。また、コンテナハウスやプレハブ式住宅、トレーラーハウスといった種類があり、それぞれに独自のメリットがあります。

主要メーカーとその特徴

岡山県で人気のタイニーハウスメーカーには、BESSやスズキハウスがあります。BESSは自由な設計が可能なログハウスやスモールハウスを提供しており、別荘としても人気があります​ 。スズキハウスは、低価格で高品質なミニハウスを提供しており、その堅牢性とデザイン性で評判です。例えば、「ジュネス・ハイ」という鉄骨系ミニハウスは、多様なオプションを選べる点が特徴です​。

コストと設置場所の柔軟性

タイニーハウスは、比較的安価に建設できるため、若い世代にも人気です。特にトレーラーハウスは、固定資産税や不動産取得税が発生しないため、コストをさらに抑えられる点が魅力です。また、トレーラーハウスは、市街化調整区域や農地など、通常の建築物が建てられない場所にも設置可能であるため、静かな環境を求める人々に適しています​。

注意点

ミニハウスを建設する際には、工事費用だけでなく土地代も考慮する必要があります。土地代は地域によって異なるため、トータルコストを事前に見積もり、予算に合った場所を選ぶことが重要です。

これらのポイントから、岡山県でのミニハウスはコストパフォーマンスや設置場所の自由度が高く、多くの人々にとって魅力的な住宅選択肢となっています。

弊社が木造軸組み工法を進める理由

木造軸組み工法がなぜ良いかChatGPT

木造軸組み工法(在来工法)は日本で古くから用いられている住宅建築の方法で、いくつかの点で優れています。以下に、その理由を詳しく説明します。

1. 耐震性と柔軟性

木造軸組み工法は地震に対して非常に強い特性を持っています。木材は柔軟性があり、揺れに対してしなやかに対応します。このため、地震の多い日本においては非常に適した工法です。また、接合部が釘やボルトなどで柔軟に固定されているため、揺れの力を分散しやすい構造となっています。

2. 設計の自由度

木造軸組み工法は、間取りの自由度が高い点が大きな特徴です。柱と梁で構成されるため、壁の位置を比較的自由に配置でき、リフォームや改築も容易です。このため、住む人のライフスタイルに合わせた柔軟な設計が可能です​ ​ 。

3. 自然素材の利用

木材は再生可能な自然素材であり、環境に優しい建材です。また、木材は調湿性があり、室内の湿度を調整する機能があります。これにより、住環境が快適に保たれ、健康にも良い影響を与えます 。

4. 耐火性の向上

現代の木造住宅では、防火対策がしっかりとされています。耐火性の高い建材や処理を施すことで、火災に対する安全性も高まっています。また、木材は表面が炭化することで内部の温度上昇を防ぐため、一部の火災試験では他の建材に劣らない耐火性能を示しています 。

5. 施工の簡便さとコスト

木造軸組み工法は、材料が比較的軽量であり、現場での加工や施工が容易です。このため、工期が短く、コストも抑えられます。特に熟練した大工が多い日本では、この工法は効率的かつ経済的です​ 。

まとめ

木造軸組み工法は耐震性、設計の自由度、自然素材の利用、耐火性の向上、施工の簡便さとコストといった多くの利点を持っています。これらの特性から、日本の気候や文化に非常に適した建築方法と言えます。

コンテナハウスの構造上の欠点

コンテナハウスはその手軽さやコストパフォーマンスの良さから人気がありますが、構造上の欠点もいくつか存在します。以下に主な欠点を挙げます。

構造上の欠点

  1. 断熱性の問題
    • コンテナハウスは金属でできているため、断熱性が低く、冬は非常に寒く、夏は非常に暑くなりがちです。適切な断熱材を追加する必要がありますが、それでも限界があります​ 。
  2. 腐食と錆び
    • 金属製のため、特に湿気の多い環境では腐食や錆びが発生しやすいです。定期的なメンテナンスや防錆処理が欠かせません 。
  3. 防音性の不足
    • コンテナの薄い壁は防音性が低いため、外部の騒音が内部に伝わりやすいです。また、内部の音も外に漏れやすいという欠点があります​。
  4. 結露の問題
    • 温度差が大きい場合、内部で結露が発生しやすく、これが長期的に見ると内部の腐食やカビの原因となることがあります。適切な換気と断熱が必要です 。
  5. 規格サイズの制限
    • コンテナは規格化されたサイズで作られているため、設計や内部のレイアウトに制約が生じます。特に天井の高さが限られているため、居住空間としての快適さが損なわれることがあります​ 。
  6. 構造の強度と変形
    • コンテナは元々荷物を運ぶためのものであり、側面や角の強度は高いですが、屋根や床は比較的弱いです。そのため、複数階建ての建築や大きな窓の取り付けなどには追加の補強が必要です 。

その他の注意点

  • 法規制の遵守
    • コンテナハウスを住宅として利用する場合、地域によっては建築基準法や条例に抵触する可能性があります。設置前に適切な許可を得る必要があります 。
  • 内部空間のカスタマイズ
    • 内部のカスタマイズや改装には専門的な知識が必要であり、特に配管や電気工事には注意が必要です。DIYで行う場合にはリスクが伴います 。

これらの欠点を理解し、適切な対策を講じることで、コンテナハウスを快適な住居にすることが可能です。しかし、これらの課題を考慮に入れた上で、慎重に計画を進めることが重要です。

トレーラーハウスの欠点

トレーラーハウスはその利便性や手軽さから人気がありますが、いくつかの欠点も存在します。以下に主な欠点を挙げます。

1. 断熱性と気密性の問題

トレーラーハウスは断熱性や気密性が低い場合が多く、冬は寒く、夏は暑くなりやすいです。適切な断熱材を使用しないと、快適な居住空間を維持するのが難しくなります​。

2. 耐久性とメンテナンス

トレーラーハウスは通常の住宅よりも耐久性に劣ることがあり、特に安価なモデルでは材料や構造が弱いため、長期間の使用に耐えられないことがあります。また、定期的なメンテナンスが必要です。

3. 法的制約

多くの地域では、トレーラーハウスの設置場所や使用に関して厳しい法的制約があります。例えば、長期間の居住を前提とした場合、建築物と見なされて建築基準法の適用を受けることがあります。また、設置場所についても地域のゾーニング規制に従わなければならないことが多いです​。

4. インフラ接続の問題

トレーラーハウスを設置する際、水道、電気、ガス、下水などのインフラに接続する必要がありますが、これらの接続が容易でない場合があります。特に郊外や農村部に設置する場合、これらのインフラ整備に追加の費用と時間がかかることがあります​ 。

5. スペースの制約

トレーラーハウスはコンパクトであるため、居住スペースが限られています。収納スペースが少なく、家具や家電の選択にも制約が出ることがあります。これにより、長期的な居住には不便を感じることがあります。

6. 耐候性

トレーラーハウスは気候条件に対して脆弱な場合があり、特に台風や豪雪などの厳しい天候下では損傷を受けやすいです。これにより、住居としての安全性に不安が生じることがあります。

7. 資産価値

一般的に、トレーラーハウスの資産価値は通常の住宅よりも低く、時間が経つとともに価値が下がりやすいです。これは、トレーラーハウスが耐久性に劣り、長期間の使用に適していないためです。

これらの欠点を考慮しつつ、トレーラーハウスを選択する際には、自身のライフスタイルや設置場所、予算などを十分に検討することが重要です。

仮設住宅に弊社の3坪ハウスを

タイニーハウスは仮設住宅として多くの利点を持ちますが、同時にいくつかの課題もあります。以下に、タイニーハウスが仮設住宅として利用される際の利点と課題を詳しく説明します。

利点

  1. 迅速な設置と移動の容易さ
    • タイニーハウスは工場で事前に組み立てられ、現地に輸送されるため、設置が迅速に行えます。また、トレーラーハウス型のタイニーハウスは移動が容易で、必要に応じて場所を変更することができます。
  2. コスト効率
    • タイニーハウスは従来の住宅に比べて建設コストが低く、経済的です。これは特に大量の仮設住宅が必要な場合に有利です​ 。
  3. 持続可能性
    • タイニーハウスは一般的に小さなフットプリントを持ち、環境に優しい素材やエネルギー効率の高い設計が採用されることが多いです。これにより、環境負荷を低減することができます​。
  4. 多様な用途
    • タイニーハウスは住宅以外にも、オフィス、スタジオ、ショップなど多様な用途に利用可能です。これにより、災害時の様々なニーズに柔軟に対応できます​。

課題

  1. 断熱性と気候対応
    • タイニーハウスは小型であるため、気温変化に敏感です。適切な断熱材を使用しないと、寒冷地や暑い地域での居住が難しくなります。
  2. 法的制約と規制
    • 仮設住宅としてのタイニーハウスは、地域の建築基準法やゾーニング規制に従う必要があります。一部の地域ではタイニーハウスの設置が制限されることがあります​。
  3. インフラ整備
    • 水道、電気、下水などのインフラに接続する必要があり、特に仮設住宅地ではこれらの整備が課題となることがあります。適切なインフラ接続がないと居住環境が悪化する可能性があります​。
  4. 居住空間の限界
    • タイニーハウスはコンパクトなため、長期間の居住にはスペースが不足することがあります。特に家族向けの住居としては、快適な生活を維持するためには工夫が必要です。

まとめ

タイニーハウスは仮設住宅として多くの利点を持ち、迅速な設置やコスト効率の良さ、環境への配慮などが挙げられます。しかし、気候対応や法的制約、インフラ整備、居住空間の限界といった課題も存在します。これらの利点と課題を理解し、適切な対策を講じることで、タイニーハウスを効果的な仮設住宅として活用することが可能です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA